ポムロールのワイン畑は、12世紀からフランス革命にかけ、ロードスおよびマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会の庇護を受け発展しました。

18世紀には一つの村であったシャトー・ガザンがある場所には、以前、騎士修道会がサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼者を受け入れるために建てた「ロスピタル・ド・ポメィロール(病院)」があったと考えられています。セカンドラベルの名称「ロスピタル・ド・ガザン」もそこに由来しています。



シャトー見学をご希望の方はお電話にて事前にご予約ください。

電話番号: +33 (0)5 57 51 07 05

contact@gazin.com